スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私たちは笛。息と共に歌う。

人って、「笛」だなーって思うんですよ

だって、縦長の形態をしてるし(^^)

その縦長の身体の中の空間を共鳴させて声を出し歌を歌う。

まるで笛みたい。


その縦長の身体には七つのチャクラがあり、それぞれに対応する音程がある。
※参考URL http://www.geocities.jp/studio_peace/chakras2.html

その音程は、身体の下から上(頭)に向かって、段階的に高くなっていく。


まるで、七つの穴が空いている笛みたいですよね

>ラブフルート


愛の笛」という絵本があるのですが。

その絵本の中に、「この世界にいる全てのもの達が力をあわせてこの笛を作った」という一節があります。

「あなたの想いを表現するために」、と。



「あなたが愛する人に想いを伝える手段として、この世界にいる全てのもの達が力をあわせてこの笛を作り、あなたに贈る」。

この「笛」を「身体」とか「肉体」と言い換えてもいい。

「あなたが愛する人に想いを伝える手段として、この世界にいる全てのもの達が力をあわせてこの”肉体”を作り、あなたに贈る」。



この肉体、このカラダは、この地球のすべてのモノたちが力を合わせて作ってくれたもの。

大切な誰かに想いを伝えるための大切な手段。

精神だけでは、声が出せないから。

精神だけでは、音楽が奏でられないから。

表現ができないから。



私たちのカラダは地球からの贈り物。

地球上のすべての存在が力を合わせてマザーガイアを形作り、

その一部として私たちの肉体も作られ、

支えられている。



そのカラダがあるから、私たちは触れあえる。

私たちは語り合える。

私たちは歌える。

私たちはハーモニーを奏でられる。



それら表現を通して、私たちはわかり合う。

コミュニケートする。

想いを分かち合う。



私たちは笛。

息と共に歌う。

そして鼓動は太鼓の音。

私たちは生きているだけで音楽を奏でている。


ステンドグラス


私の大好きなラブフルート演奏家、小野昭一さんが、「吟遊詩人ワークショップ」というのを来週末に企画されました。

私が光栄なことに主催させていただいてます。

SHOさんこと小野昭一さんのたたずまいはまさに森の老賢人。

ワークショップの質の高さは一流。

そして出してくださる手作りの食事のおいしいこと。

ヘルシーで、心がこもっていて、丁寧に作られていて。



大豆から絞ったばかりの熱々の豆乳とか。

熱々の絞りたて豆乳、飲んだことありますか?

本当においしいんですよぴかぴか(新しい)

庭でなったプルーンで作った手作りジャムとか。

SHOさんのワークショップ、本当に癒やされます。

生きることの喜びをカラダ全部、五感全部で思い出せる。
そんな場、そんな時間になることをお約束します。

うえだみゆきさん笛吹き姿


もう来週末なのに、まだまだお席が空いていて、もったいない。

よろしければ、いらしてください。


この大地が全力を挙げて私たちにプレゼントしてくれたこの肉体という笛を、

美しく高らかに奏でましょう。

そうすることで、思いを分かち合いましょう。

内側にある言葉にならない想いを、表現しましょう。


KOCOMATSU.jpg

-------------------------------
◎吟遊詩人ワークショップ by ブルーレイバン小野昭一
~あなたの魂の底に流れている風の道、心の歌がある~
-------------------------------
SIMAMATSUのKOCOMATSUに住む吟遊詩人から
それぞれの旅する詩人たちへの呼びかけ
新しい旅を始めようとしている詩人たちへの呼びかけです。

心からこぼれ落ちる言葉たち
取り囲んでいる世界とのふれあいの中で感じる思い

一人一人の存在の大切さと自分が自分であること
その旅の途上で心が揺らぎ 身体を震わせる

僕ら自身の心とからだが一つになる瞬間の喜び

静かに溢れ出すこころが言葉を紡ぎ出し
竪琴から生まれる素朴な響きと混じり合う

ドラムの鼓動と命が繋がり 浮かんでくる音の流れ

一本の笛に命の息吹を注ぎ 自由に歌い出す

ふと立ち止まり 歌い出す 吟遊詩人たち

大地に支えられて踊り出す 踊りの詩人たち

歓喜 恐れ 悲しみ 怒り 涙 苦悩 衝撃 笑い

それはこころの響き 詩人たちの歌となる

僕らは詩人たちと出逢い

僕ら自身が歌になり詩人となり旅を続ける

道端の石ころ
小枝
小さな鈴
一輪の花

彼らは僕らに寄り添い 思いを引き出してくれる 素敵な友

ひとりひとりが自分の道を辿りはじめる

ひとつの小さな きっかけ

吟遊詩人たちをKOCOMATSUが招いてる

もし 吹き抜ける風が あなたを誘ったなら

風に乗って 飛んで来るといい

■日時:2013年7月27日(土)10:00~18:00 ※宿泊の方はそのままお泊まり会に突入!
7月28日(日)9:00~15:00

■参加費:
◎全日程参加:15500円
(内訳:ワークショップ参加費12000円、 夕食+朝食2500円、宿泊1000円。)
(寝具はありません。夏用寝袋またはブランケット、タオルケットなど、寝具を持参ください。)
◎一日目のみ:8000円(昼軽食付き)
◎二日目のみ:5000円(昼軽食付き)
◎宿泊せず、通いにて二日間参加:13000円(ワークショップ参加費12000円+二日間の昼軽食代1000円)

■定員15人
宿泊8人(先着順)8名を越えるときは地元の旅館(素泊まり・要予約)道の駅車中泊も可能

■会場:KOCOMATSU
北海道恵庭市島松東町3丁目1番8号
TEL/FAX. 0123-36-8881
※島松郵便局すぐ裏
※JR千歳線 普通列車に乗って島松駅下車 徒歩7分
※地図 http://bit.ly/fnKU1t
※会場近辺に駐車可能ですが、いっぱいの時は島松駅前に有料パーキングがあります

★お申し込み方法:こちらのメールフォームまで
PC http://ws.formzu.net/fgen/S84363404/
携帯 http://ws.formzu.net/mfgen/S84363404/

■ファシリテーター:ブルーレイバンクリエーション 小野昭一
H P http://www1.ocn.ne.jp/~raven444/
ブログ http://blue.ap.teacup.com/ravensho
ライブ情報 http://love-flute.blogspot.com/

★【お泊まりについて】
ワークショップ会場兼宿泊所は、SHOさんがご自宅の庭に自力で建てられた八角形の建物、
KOCOMATSUです。

こんな可愛らしい建物。窓にはステンドグラスがはめられています。
http://www1.ocn.ne.jp/~raven444/

「お泊まり会」は、
そんなKOCOMATSUでキャンドルの灯りを囲み、
夜更けまでおしゃべりと自然発生的ジャムセッションを楽しもう、という企画です。
眠くなったらその端っこで持参の寝具(シュラフなど)でゴロ寝。
ステンドグラスの光に包まれて目覚める朝の気分は格別なはずです。
・用意するもの:夏用寝袋など、必要な寝具とお泊まりグッズを持参ください。

テーマ : 人生を豊かに生きる
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>
■ 最新情報 ■
プロフィール

スピリチュアルコーチたまちゃん

Author:スピリチュアルコーチたまちゃん

私は元・対人恐怖症という変わり種コーチです。

精神的な不安定さや傷つきやすさ、
傷ついたインナーチャイルドなど
数々の内面の問題を抱えていても
少しずつ回復できるんだ、
自己肯定感は大人になってから育てることができるんだ、
満ち足りて幸せに、天職に就いて豊かに暮らしていけるんだ、
という生きた見本を目指して日々奮闘中。
(つづきはこちら)

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最新情報を受け取る

珠帆美汐からの
情報を受けとる
Powered by groups.yahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
クリックで救える命がある
クリックで救える命がある。
ブロとも一覧

ちあきのあったかコミュニケーション

ホリスティック美容と健康【お役立ち情報】

akiのブログ

ラッキーシープのいとうよりブログ。

ドキドキ・ワクワク プロジェクト!

心天茶香は中国茶屋。バグヌートはボーンカービング屋。

占い~現実と未来をみつめて~

758笑育児らいふ研究所
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。