スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたを内側から支え続けるもの

 コーチングと占いのお仕事をしています。

 そのお仕事を通して、また日々の生活から、

 すくいとった気づきを 書いています。

メルマガ「占い師兼コーチの日々の気づき」
http://www.mag2.com/m/0000130459.htm
 
      □ ☆ □



  「父さんが残した熱い想い

  母さんがくれたあのまなざし」

     ※「天空の城ラピュタ~君を乗せて~」(作詞:宮崎駿)より



 
 -------------------------------
   あなたの内側からあなたを支えるもの
 -------------------------------


私の大好きな詩『招待 』(オライア・マウンテン・ドリーマー作) の一節に、

以下のような問いがあります。


  「あなたが、どこで、誰と勉強したかはどうでもいいことです。

  私が知りたいのは、皆が見捨ててたった一人になった時、

  あなたの内側からあなたを支えるものは何かということです。」



皆さんにとってのこの問いへの答えは、いったいなんでしょうか。






私には、

「父さんが残した熱い想い、母さんがくれたあのまなざし」

という歌の一節が思い浮かびます。


ご存じ、ジブリの『天空の城ラピュタ』の主題歌の一節ですね。




    .。.・:*: ☆ .:*:・:'




去年の10月。

私は第三子出産予定日三日前に父を亡くしたのですが。

出産後、思いも掛けない経験をしました。

なんと、亡き父からの手紙と出産祝いが届いたのです。



生前の父が、末期ガンの激痛に耐えながら、

あらかじめ準備していてくれたものでした。



手紙には

私の仕事に関して「よくやっていると思う。誇りに思っている」との言葉が・・・。



         ・・・


   幼い頃からずっと抱き続けてきた、父への複雑な思いが、

              涙と共に氷解する、感動的な出来事でした。





私はずっと、「父から愛されなかった」と思いこんでいたのです。

家庭を顧みず、母と仲が悪く、

私たち子供に対してもほとんど愛情表現をしてくれなかった父に対して、

ずっとわだかまりと怒りと悲しみと恨みの感情を持っていました。




でも、私は愛されていた。私は愛されていた。

私は愛されていたのです。

それを認めざるを得なくなった。


私が望んだような形ではなかったかもしれないけれど、

確かに父は私を愛してくれていたのです。



この「私は愛されていた」という感覚は、

これからの私を内側から支え続けてくれるでしょう。



私は愛されていた。私は愛されていた。

この実感は、私の内側で、小さく燃える熾火のように、赤く輝き続けるでしょう。

そしてどんな時も、内側から私を照らし続け、私を温めつづけることでしょう。



私は愛されていた、私は愛されていた。

私がなにを失おうとも、この灯だけは、私の内側に確かに燃え続けることでしょう。




パンドラの箱の最後に残ってくれる、一片の希望のように。

誰も、そしてどんな状況も、この灯を私から奪うことはできない。




思い起こしてみれば、

精神的につらかった思春期の頃、

ともすれば自傷行為や自暴自棄な振る舞いに走ろうとしてしまう私を押しとどめたのは、

「母がどれほど悲しむか」という想いでした。



そしてまた、

挫折や困難に耐え、なにかをやり遂げることができたとき、

その底には必ず「両親に誇りに思ってもらえるような自分でいたい」という

願いがありました。




純粋に私の幸せを祈ってくれる人がいる、純粋に私の成功を祈ってくれる人がいる。

今思えば、私はそれを信じることができていたのです。


それを信じられていたことが、どんな厳しい状況のときも、

私を内側から支え続けてくれていたのです。

「父から愛されていない」と思いこんでいた今までだって、ずっと。


両親が、折に触れ私に向け続けていてくれたまなざしが、

両親が背中で見せ続けていてくれたこころざしが、

私の中に、ひとひらひとひら降り積もっていました。



心の深いところで「私の幸せを祈ってくれる人がいる」と信じられていたことが

どんな逆境のときも

私を内側から支え続けてくれていました。




    .。.・:*: ☆ .:*:・:'





孤独の時、逆境の時、人に見捨てられてたった一人になった時、



    「父さんが残した熱い想い

         母さんがくれたあのまなざし」



     つまり、



     「私の幸せを祈ってくれる人がいる」


     という自己存在への信頼だけは


     その人を内側から支える続けてくれるのではないでしょうか。





    .。.・:*: ☆ .:*:・:'





◎お子さんのいる方へ。

あなたの想いをぜひ、お子さんへ、実感として与えてあげてください。


小さな芽に降り注ぐ慈雨のように、あなたのまなざしを注いであげてください。


小さな芽がそちらを目指してまっすぐ伸びられるように、

あなたは熱い想いを天の太陽のように輝かせ続けていてください。


あなたを愛している、と、

あなたの幸せを願っている、と、

あなたがイキイキと輝く姿が見たい、と

そんなメッセージを有形無形にお子さんに伝えてあげてください。


まなざしと、熱い想いを。

お子さんの胸にいつまでも小さな熾火として灯り続けるように。






◎親から愛されていたという確信を持てない方へ

あなたがそこに今生きているということは、

影になり日向になってあなたを支えていてくれた、

見守っていてくれた存在があるということです。


考えてもみてください。

天には太陽が照り輝き、地には慈雨が降り注いできました。

あなたを養うための糧が、今までずっと大地から供給されてきました。


あなたは天から、大地から、愛されてきました。

あなたは宇宙から、地球から、愛されてきました。

大きな存在から、見守られ、はぐくまれ、養われてきました。


あなたの幸せを、宇宙が願っています。

あなたがあなたらしく輝くことが、世界から待たれています。

その信頼が、あなたの胸で、小さく赤く燃え続けますように。




     私たちはみんな、愛されている

     私たちはみんな、幸せになることを待ち望まれている




    .。.・:*: ☆ .:*:・:'




※出典紹介

「招待 」
~オライア・マウンテン・ドリーマー(ネイティブ・アメリカンの長老)の言葉~
『あなたに奇跡を起こすスピリチュアル・ノート』PHP文庫 
シルビア・ブラウン /リンジー・ハリソン著 157ページより

全文はこちら
http://sprtcoach.com/sukinakotoba3.html


素晴らしい内容です。

ぜひ、全文を読んでみてください。




◎メルマガ「占い師兼コーチの日々の気づき」は、こんな内容で発行しています。

気になった方は登録しておいてくださいね。
http://www.mag2.com/m/0000130459.htm

思いっきり不定期発行になってますが

「書きあげることができたら、そのとき発行」、みたいな


テーマ : おだやかな心でいるために
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>
■ 最新情報 ■
プロフィール

スピリチュアルコーチたまちゃん

Author:スピリチュアルコーチたまちゃん

私は元・対人恐怖症という変わり種コーチです。

精神的な不安定さや傷つきやすさ、
傷ついたインナーチャイルドなど
数々の内面の問題を抱えていても
少しずつ回復できるんだ、
自己肯定感は大人になってから育てることができるんだ、
満ち足りて幸せに、天職に就いて豊かに暮らしていけるんだ、
という生きた見本を目指して日々奮闘中。
(つづきはこちら)

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最新情報を受け取る

珠帆美汐からの
情報を受けとる
Powered by groups.yahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
クリックで救える命がある
クリックで救える命がある。
ブロとも一覧

ちあきのあったかコミュニケーション

ホリスティック美容と健康【お役立ち情報】

akiのブログ

ラッキーシープのいとうよりブログ。

ドキドキ・ワクワク プロジェクト!

心天茶香は中国茶屋。バグヌートはボーンカービング屋。

占い~現実と未来をみつめて~

758笑育児らいふ研究所
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。