スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

癒やされ体験自分史。こんなセラピー体験をしてきました。その1

皆様。

前回の「SOS」にはたくさんの応答をいただき、本当にありがとうございました!!

たくさんのコメント、たくさんのメールやメッセージ、

たくさんのお申し出・・・

本当に嬉しかったです・・・

読者登録を呼びかけた、メルマガ「北海道知的探検ワクワク情報」も読者数が跳ね上がりましたし・・・

珠帆印特選セラピストも利用者登録数が伸びました!!

本当にありがとうございました

これからも、サポートどうぞよろしくお願いしますね。

私にもできることがあれば、何でもお声を掛けてくださいませ。


今日は、自分の「癒やされ自分史」を書いてみようと思います。

自分がどのような体験をしてきたのか、が、一番説得力があると思うんですよね。

なぜ、私がセラピーというものを大切に思っているのか、

なぜセラピストの存在を世の中に浸透させていきたいと思っているのか、の。



         □ ☆ □



中学生時代:フロイト「夢判断」「精神分析入門」などを読んで、自己分析にふける。

その途中で、自分の抑圧してきて意識に上らせていなかったトラウマ体験の封印を解いて号泣する。

それは、五歳の頃の記憶。

母が家出を計画した際、「あんたは置いていく」と宣言されたこと。


フロイトのいう「記憶の抑圧」って本当にあるんだ!

実際には覚えているのにつらすぎるから意識にはのぼらせない、

という「検閲機能」って本当にあるんだ!



「無意識」という存在の不思議な作用を実感したできごとでした。



高校時代:ユングや河合隼雄の著作を読み、自己分析にふける。

対人恐怖症、自殺願望、自己否定感に苦しみ、カウンセリングを受けたい、精神分析を受けたいと熱望し、親にも訴えるが一蹴される。

一応父は精神科医なのですが、理解なかったですね・・・。

しかし、父の出席する学会に連れて行ってもらったり、

父宛に送られてくる学会誌をむさぼり読んだりしたのはいい刺激になりました。

そういう形では、父はサポートしてくれたとも言えます。

「ユング最高!共通無意識とか共時性とかアニマとか原型とか、死ぬほど面白い!」

心理学者かカウンセラーになりたいと思うようになりました。


大学時代:あまりの生きづらさに、大学への通学途上にあった心理相談ルームに通い、カウンセリングを受ける。

短い期間でしたが(一年弱?)これが私のカウンセリング初体験となる。

ただ話を聴いてもらうことのありがたさや威力をしみじみと実感。


当時流行っていた自己啓発セミナーにも参加。

卒業生に友人を勧誘させる圧力の強さなど、問題だなーと思う点もありましたが、

セミナー内容としてはめちゃくちゃ面白かったです!!

まるでココロのディズニーランドだなー、と・・・。

私にとっては精神的なエンターテイメント体験でもあり、

凄く良い影響をたくさん得られた体験でした。

これが私の心理系ワークショップ初体験ですね・・・。



このセミナー内でのワークで、自分の中にあったたくさんの禁止令に気づくことになりました。


「生きることを楽しんではいけない」

「自分は生きているだけで周囲に迷惑を掛ける存在だ」

などの信念体系の存在に初めて気づき、

「すっごい偏った思いこみだよね?全然客観的事実じゃないよね?」と

自分に問いかけるきっかけとなりました。



20代後半:大学卒業と同時に結婚し、それと同時に北海道の山奥の村に引っ越し、しかもまもなく長男を授かりました。

マリッジブルーと引っ越しうつ病とマタニティブルーの立て続けの打撃。

人生でも有数の大変化の大波をこれでもかこれでもかとまともにくらい、精神的な危機に直面。

親戚も知り合いも一人もいない雪深い村で密室の育児。

歩いて行ける範囲に公園もないし年代の近い人も一人もいない状況で、友達ができる可能性もゼロに等しく・・・。

今思えばすっかり育児ノイローゼ状態でした・・・。


この閉塞感の突破口を求めて、新聞で見かけたコウ・カウンセリング(再評価カウンセリング)のクラスに

三歳になったばかりの長男の手を引いて、通い始める。

車→バス→JRを乗り継いで、札幌市の郊外まで。

寒さが一番厳しい、二月の頃だった記憶があります。



そこで、力強く「ディスチャージ」(ネガティブな感情を吐き出すこと)の効果を力説され、

優しく「泣いていいよ」と言われ・・・

泣いて泣いて泣いて・・・毎回、本当にどれほど泣いたか。


ひとりぼっちの密室の育児のツラさを嘆き、

ママ友が欲しくても、乳児検診などで誰とも話せない対人恐怖症のツラサを嘆き、

今までの生活環境や人脈から切り離されてド田舎に暮らす寂しさと不便さ、

自分の人生がもう終わってしまったようにしか思えない絶望を嘆きました・・・

そして、泣いてもいい、嘆いてもいい、聞いてくれて受け止めてくれる人がいる、

ということに激しく癒やされました。




コウ・カウンセリングとの出会いは、

「聴きあう」ということのパワフルさ、

「しっかりと感情を味わいきり出し切る」ということの癒し効果を実感した、

大きな経験となりました。



そのクラスで一緒だった素敵な女性と、

その後も「聴き合い」の形で相互カウンセリングをお願いし、

しばらく泣き続け嘆き続けるプロセスは続きました。


その素敵な女性が、今もマイミクとして仲良くしてもらっている「よこ」です。

よこ、あんなぐちゃぐちゃだった頃の私をしっかりサポートしてくれてありがとう。

10年以上の付き合いになりましたね[m:59]



30代始め:小樽にある「絵本児童文学研究センター」に通い、

大好きな児童文学と魂の成長の関連についての学びを深める。

敬愛する河合隼雄先生の講演も、何度か聴くことができました!!

その時のクラスメイトがTAOのYUKAさん。

YUKAさんとも10年以上の付き合いになりました[m:58]


30代半ば:夫の仕事の関係で四国の香川県に転居。

3年ちょっとの滞在期間に、色々な体験をすることができました。

日本カウンセリング学会の香川研修大会に参加して、

非構成型エンカウンターグループを体験できたのも良い経験です。

安心・安全な場を作り、誰でもなんでも話していい、という前提を守るだけで、

こんなに人は自分自身の深いところについて話し始めるんだ!

癒やしが起こるんだ!


というのは大きな驚きでした。

セラピストは何一つしなくていい。

することは場のホールドと、話されたことの受容、話した人への無言の受容と共感。

それだけでいいんだ!!


その時、参加者の方のお一人が好意で私に個別カウンセリングを行ってくださいました。

ヘルスカウンセリング学会で学んでいらっしゃる方。

その時のセッションがこれまたとても印象的でした。

ロールプレイで「子ども時代の1シーンを望ましい形でやりなおす」という体験。

記憶って、上書き保存されるんですね!!

母に、一度でいいから私と一緒に居ることを楽しんで欲しかった、

私と二人でいる時間を穏やかに楽しそうに過ごしている母の笑顔を、一度でいいから見てみたかった、

とさめざめと泣き続ける私に、その方はロールプレイを提案してくれました。

「私の誕生日に、母と二人だけで一緒にケーキを作り、そこに父も帰ってきて、三人で一緒に私の誕生日を祝う」

そんなシーンを体験してみたい、と私はリクエスト。


きょうだいが多く、母はいつも忙しそうで、

夫婦仲はめちゃくちゃ悪かった、

現実の家庭環境ではあり得なかったシチュエーション。



一度でいいから、母を独占してみたかったし、

一度でいいから、私と二人で居ることを母に喜んでもらえてると実感してみたかった。

何より、父と母に、私が生まれてきたことを祝福してほしかった。


ヘルスカウンセラーさんが母の役をしてくれて、

「○○(私の本名)と一緒にケーキを作ると楽しいねー」

「次は卵を入れるよー。○○、よくかき混ぜてね!」

「今日は○○の誕生日だから、お父さんも早く帰ってくるって!」

などと、臨機応変にジェスチャーを交えつつセリフを言ってくれます。

私は「うん、うん」とうなずくばかりで、涙涙・・・。


ケーキができあがった頃に、父が帰ってきて、両親が一緒に「ハッピーバースデー」を歌ってくれて、

母が「○○、生まれてきてくれてありがとう!」

って私をハグしてくれるところで、ロールプレイ終了。



ガン泣きしました。

そして、記憶が上書き保存されました。

人の潜在意識は、お芝居と現実を上手く区別付けられないのですね。

「○○(私の本名)と一緒にケーキを作ると楽しいねー」という内容の温かい声をこの耳で聞いたのは事実。

「○○、生まれてきてくれてありがとう!」という言葉と共に、

温かい腕でしっかりと抱きしめられたことがあるのも事実。

理性では「しょせんお芝居じゃん」って思ってるのに、

気持ちは満たされてる。

すごい慰められてる。

不思議な体験でした・・・。

もちろん、それでトラウマやインナーチャイルドの傷つきのすべてが癒やされたわけではありませんが、

大きな一歩となりました。


ただ受容的に傾聴するだけじゃなく、

色んな技を駆使する心理療法(サイコセラピー)の威力を

初めて実感した体験でした。



                  (つづく)

テーマ : セラピー&ヒーリング
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>
■ 最新情報 ■
プロフィール

スピリチュアルコーチたまちゃん

Author:スピリチュアルコーチたまちゃん

私は元・対人恐怖症という変わり種コーチです。

精神的な不安定さや傷つきやすさ、
傷ついたインナーチャイルドなど
数々の内面の問題を抱えていても
少しずつ回復できるんだ、
自己肯定感は大人になってから育てることができるんだ、
満ち足りて幸せに、天職に就いて豊かに暮らしていけるんだ、
という生きた見本を目指して日々奮闘中。
(つづきはこちら)

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最新情報を受け取る

珠帆美汐からの
情報を受けとる
Powered by groups.yahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
クリックで救える命がある
クリックで救える命がある。
ブロとも一覧

ちあきのあったかコミュニケーション

ホリスティック美容と健康【お役立ち情報】

akiのブログ

ラッキーシープのいとうよりブログ。

ドキドキ・ワクワク プロジェクト!

心天茶香は中国茶屋。バグヌートはボーンカービング屋。

占い~現実と未来をみつめて~

758笑育児らいふ研究所
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。