スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対人恐怖を抱きかかえたまま、生きていこうと思います

毛虫シンポジウムも本当に衝撃的に実り多くて、
その総括も書きたいと思いつつ、今日は対人恐怖の話題。


5月にチェンジザドリームシンポジウムっていう環境系のイベントやったの、覚えていらっしゃるでしょうか。

定員オーバーして急遽会場を変更するくらいの大盛況でした。

反響もすごく大きかった。


そのチェンジザドリームシンポジウムの第二弾を、私の住む北海道の山奥の村で開催することにしました。

田舎で、人口少なくて、交通の便悪くって、札幌でやるより参加者が減るのは目に見えてました。

札幌でやれば、あの大反響のなごりがまだ残っていて、集客が簡単なのは目に見えてました。



でも私はあえてこの村でやりたかった。

この村に住んでて、自然に近い暮らしをしてる、大切で信頼している友人達に体験してほしかった。


友人に限らず、とにかく村内や近隣の人に来て欲しかった。

この村の近隣に住んでるってことは、不便な暮らしをしてる、ってこと。

札幌まで遠い、ってこと。

あんまり講座だのセミナーだのを受けにくい環境だ、っていうこと。


そんな人たちに来て欲しかった。


地域の人向けの催しもなにかやりたかった。
札幌や東京に行ってばかりいるんじゃなくって。



そして、村内や近隣の人たちにお知らせするんだったら、ネットよりも口コミだと思いました。

友人知人に声を掛け、あちこちにチラシを置いてもらう。

そういうことが大事だと思いました。

ネット見てる人少ないしパソコンのメアド持ってる人も少なくて、
いつもの私のやり方が通用しない。


そこにチャレンジのしがいがある。

私は対人恐怖がまだ残ってて、すごく親しいってわけでもない人と話すのがとても苦手だったりするから、がんばってチャレンジして乗り越えよう、って思いました。


   ・・・結果。


惨敗です。

白旗を揚げます。

降服します。


私に口コミは無理だった


いえ、時期的に農繁期まっさかりに当たり、
農家の方や、農業関係者の方はめちゃくちゃ忙しい、というタイミングの問題はあるんですが。

そして今時期は農繁期真っ最中だとわかっていて、
他のイベントとのかねあいで決行と決めた判断ミスという側面もあるとは思うんですが。



でもとにかく怖かった。
重かった。
つらかった。

チラシを貼らせてください、って郵便局や商店を尋ねるのがどれほど苦痛だったか。

友人知人に面と向かって「こんなのやるんだけど来て」って伝えるのがどれほど怖かったか。

一瞬でも警戒心とか興味なさそうなそぶりとかをその顔に読み取ってしまうと、どれほど落ち込んだか。



人には向き不向きがある。
得意不得意がある。
不得意なことを克服するより、得意なことを伸ばした方がいい。

よく言われる言葉ですが。
私も人に言ってきましたが。

これ、やっぱり真理ですね。
しみじみと、そう思います。

人には、克服できるものとできないものもあるみたいですね。

向き合って乗り越えていけるものと一生抱きかかえて生きて行かなきゃいけないものと、あるみたいですね。



ここ2ヶ月ほど、面と向かって誘わなきゃ、集客しなきゃ、っていう恐怖と苦手意識で、かなり重苦しい思いをしてきました。

そして実りがすごく少なかった。

お申し込み、少ないなりにあるんですが、ほとんどがミクシィ経由とかネットで知った方。


もういいです、私には無理です、降参します。
私は人が怖い。
対人恐怖がまだ残ってる。
それを認めて抱きかかえて生きていきます。



というわけで、まだ空席あります。

余市郡赤井川村が遠くない人には、チャンスだと思います。

赤井川価格にしてもらったので、札幌価格の三分の一の価格、わずか千円です。

よかったら来てくださいな。


赤井川が遠い方でも、ぜひドライブがてらいらしてくださいな。
お得です


-------------------------
●チェンジ・ザ・ドリーム シンポジウムin 赤井川村 
-------------------------
地球温暖化を含む環境の破壊はとどまるところを知らず、
貧富の格差はますます広がり、
生きづらさから精神的に追い詰められていく人たちの数は洋の東西を問わず
日に日に増えています。

このような未曾有の試練に直面し、
多くの人は次のような問いを日々自問しているのではないでしょうか?

「いったい、何が今世界で起きているのか?」
「そもそも、どうしてこんなことになってしまったのか?」
「これから、どんな可能性があり得るのか?」
「そのために、どこから始めればいいのか?」

【チェンジ・ザ・ドリーム シンポジウム】は、
これらの問いに対して、答えを提供するというよりも、様々な科学的データ、
各界の著名人や専門家に対するインタビュー、心に残る映像、
そして?これらの情報をより深く体感するための演習などを通じて、
一人ひとりが?深く考え、
自分なりの答えを見つけていただくきっかけを提供するための
参加体験型プログラムです。

このプログラムはPachamama AllianceというアメリカのNPO法人が
南米アマゾンで昔ながらの伝統的な暮らしを守り続けている
原住民からの呼びかけに応える形で開発したもので、
今かなりの勢いで世界に広がりつつあるものです。

日本ではセブン・ジェネレーションズという非営利団体が主体となり、
全国にこのプログラムを広める活動をしています。

ぜひこの機会に、上記の問いについて一緒に考えてみませんか?

■日時 
・平日夜間コース 2010年8月20日(金)19:00-22:00 ※開始時間一時間遅らせました!
三時間バージョンとなります。

・平日午前コース 2010年8月25日(水)9:00-13:00

※二つの日程共に同じ内容です。ご都合の良い方にご参加ください。
 
※内容と進行の都合上、時間厳守でお願いいたします。
また、途中参加・途中退出は原則的に出来ないことになっていますので、
申し訳ありませんがあらかじめご了承ください。


■場 所:余市郡赤井川村内の施設
(お問い合わせの方に詳細お知らせします)

■ 交通 
・自家用車利用で札幌方面からいらっしゃる場合:
 札樽自動車道 朝里インターチェンジ下車→R393で赤井川村方面、
 もしくはR5より道道余市赤井川線にて札幌-赤井川村約80分(札樽自動車道)
・公共交通機関は余市駅前より「赤井川村行き」中央バスが出てますが、
 本数が非常に少ないですので、ご利用の場合はご注意ください。
 
■ 参加費:1000円(当日受付にてお支払いください)

■託児ご用意できます。
利用予定の施設のキッズルームも借りております。
シッターさんが必要な場合、こちらで手配しますのでご相談くださいませ。
託児料別途実費。

■ お申し込み:こちらのメールフォームまで
http://my.formman.com/form/pc/H6MH40kFHDKVlDt4/

★メールフォームがうまく送信できない場合はメールにて。
珠帆美汐まで
asahioka★@hotmail.com(★を抜いて送信してください)

メールの件名を「チェンジザドリーム札幌 申し込み」
とし、下記の項目をお知らせください。
================================================
◎チェンジザドリーム赤井川 に申し込みます。
 お名前:
 メールアドレス:
 シンポジウムへのご参加は?:初 ・ 二回目以降
 携帯電話番号:
 ご希望の日程: 20日金曜夜 / 25日水曜午前
 何を見て知りましたか:
 お申し込みの動機:
================================================

■詳しくはこちら
http://tamaho.seesaa.net/article/154635908.html

■ 進行:塚田康盛(つかだやすもり)
認定シードプランター
認定チェンジ・ザ・ドリーム・シンポジウム ファシリテーター
1951年生まれ
1973年~1979年:大手旅行会社勤務
1979年~2006年:家業の経営に携わる
1998年より、家業の傍らプロコーチとして活躍中
ICF国際コーチ連盟のプロフェッショナルコーチ
2004年より、視覚に障害を持つ方の職業機会を増やすため、視覚に障害を持つ方に
コーチングを伝え始める。アリスプロジェクト(http://aliceprojyectc.web.fc2.com/index.htm
2009年、チェンジ・ザ・ドリーム・シンポジウム(http://www.changethedream.jp/
にファシリテーターとして活動をスタート
2010年、ファーストピース・サークルのシードプランターとして、古代マヤと
ネィティブアメリカンの知恵と人間観や宇宙観を
(http://www.disciplineofpeace.org/Home.html)学び、伝え始めています。

  
■ ご参考
チェンジザドリームシンポジウム公式サイト http://changethedream.jp/
公式ブログ http://changethedreamsymposium.blogspot.com/

テーマ : 不安定な心
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

私も怖いです。

ヒプノとタロットをしてる友人は、常にチラシを持って、誰にでもどんどん配ってます。突然渡された人の「えっ!」って表情に気づいてるのは、そばに居る私だけなのか、気にしないのか。。。
営業が大好きだって言ってます。

私は、拒絶された時を先走って心配し、怖くて二の足を踏みがちです。同じサービス業といっても、看護師(遙か昔にやめましたが)だった私は、患者さんに求められ、給料もらって感謝され・・・ウェイトレスや販売員さんの様に頭をさげて頑張ることは無かった。だから、営業職の方々を、物凄く尊敬します。どんなに大変か。
私は、看護師時代、頑張らなくても、感謝される職場が楽でした。だから、ありがとうといわれても、偽善者な気がして素直に受け取れなかった。結局体も壊して辞めたんですが。

また、うまく纏まらなくてすみません。

先に話した、営業大好きの友人は、対面が得意でも、ネットやPCは全く苦手です。

たまちゃんは、最先端の営業手段を使えるじゃないですか。PCも苦手な私には、物凄く苦痛です。
時間がかかって仕方ない。

得意不得意みんな持ってて、だから、協力する仲間が作れる気がします。

なんて、偉そうにすみません。承知の助ですよね(汗)

不便な所にお住まいの方々は、一分一秒食べるため、生きるために働く事が沢山あるんでしょうね。

私みたいに、疲れたからと、その日の総菜を買ってきて、ぱぱっと済ますのとは訳がちがうんでしょうね。

長くなりましたが、毛虫の話はもちろんのこと、アイヌの絵本の話は、小中のクラスメイトにアイヌの友達が居たにもかかわらず、気にも止めずに過ごしてきた自分を、恥ずかしくおもうと共に、子を育てる親として、改めて真面目に考える時間を下さった、たまちゃんや、きっかけを下さった阿妻先生に、とてもとても感謝しております。心から、ありがとうございます。
また、お邪魔させてください。

Re: 私も怖いです。

せおるりさんも同じように拒絶されるのが怖いタイプですね(^^)
やっぱり「同じ」とか「似てる」ってすごいホッとしますね。
共感の声、ありがとうございます。

そうなんです、苦手なところを補いあって、得意なところをシェアしあって支え合っていけばいいですよね!
それが豊かで安全ネットの発達した社会ってことだと思うんです。
私ももっと手放せるものは手放していけるようにゆるんでいきたいと思います(^^)

アイヌの絵本、「イオマンテ」ですね。
あれは名作です。
読んでくださってありがとう!
たくさんの人に広まればいいな。

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>
■ 最新情報 ■
プロフィール

スピリチュアルコーチたまちゃん

Author:スピリチュアルコーチたまちゃん

私は元・対人恐怖症という変わり種コーチです。

精神的な不安定さや傷つきやすさ、
傷ついたインナーチャイルドなど
数々の内面の問題を抱えていても
少しずつ回復できるんだ、
自己肯定感は大人になってから育てることができるんだ、
満ち足りて幸せに、天職に就いて豊かに暮らしていけるんだ、
という生きた見本を目指して日々奮闘中。
(つづきはこちら)

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最新情報を受け取る

珠帆美汐からの
情報を受けとる
Powered by groups.yahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
クリックで救える命がある
クリックで救える命がある。
ブロとも一覧

ちあきのあったかコミュニケーション

ホリスティック美容と健康【お役立ち情報】

akiのブログ

ラッキーシープのいとうよりブログ。

ドキドキ・ワクワク プロジェクト!

心天茶香は中国茶屋。バグヌートはボーンカービング屋。

占い~現実と未来をみつめて~

758笑育児らいふ研究所
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。