スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毛虫シンポジウムを振り返る。その①

8/16の毛虫シンポジウムのご報告がしたかったのに、こんなに遅くなってしまいました。

おおざっぱになっちゃうかもですが、ともかく一度書きますね。


毛虫シンポジウムとは。


『人は木々や自然のケアテイカー(世話をする人)というけれど、

木々のお世話、自然のお世話の中には

毛虫や害虫の駆除も入るの?


だとしたら、木々の命は大切だけど虫の命は大切じゃないの?

命に軽重があるの?

殺していい命と守る命と、命に二種類あるの?』


という私の疑問に解決が欲しくて立てた企画です。

自然とか環境とかに一家言あるようなそうそうたるメンバーに集まっていただいて、
ネット上で会談しました。

工学博士でありネイティブアメリカンの自然との共生の智恵に詳しい
心理セラピスト ふたこわたるさん

「木を植える男」、アースウォーカー 中渓宏一さん

内科医であり身体心理学や「食」に熱いタヌキセラピスト うみやみさん。

ベジで自然な食べ物屋さん、ぽのぽの食堂のかっぱさんこと大川さん。


ツイッター上でも「#kemushi」でたくさんの方からご意見をいただきました。


その中で、私は答えを得ました。

ひとつ、腑に落ちる答えを得ることができたのです。



精一杯生きること、自分のテリトリーを精一杯生きること。

それは周囲を支えることにつながる。

支え合うことと押しのけ合うことは近いこと。

押されたときによろけるようでは支えることができない。


いのちは他を押しのける勢いで生きた方がいい。勢いよく。

それが豊かな生態系を支えることにつながっている。



どこまでが私のテリトリーか。

どこまでが私が支えるべき場所なのか。

テリトリーの境界線を保ち続ける。

他からの侵害をはねのけ、守り抜く。


私の責任の範囲内に関しては、愛と責任と義務を果たし続ける。

テリトリー内のバラは守る。

庭の手入れをする。

もちろん、庭を害する毛虫などの存在は駆除する。


テリトリー内は守る。

テリトリーの境界線の縁ぎりぎりまで自分の存在で満たし、他の存在の侵害をはねのける。


それをしないと、「ネグレクト」になる。

「責任放棄」になる。



しかし、「テリトリーはどこまでなのか」「どこが境界線なのか」を見極めることは重要。

自分の責任の範囲"外"に手を出したり口を出したりすることは、「過保護・過干渉」。

支配欲求というエゴ。

テリトリー"外"には口出しもしないし手出しもしない。



そして同時に、大きな視野で全体に目を配り続けること。

全体の生命力アップのためなら、自分の範囲を超えて活動する。

人ごとと思わず、全体の調和とイキイキ度アップのためなら行動する。身を挺して。



この二つは矛盾するようだけど、矛盾しない。

見極めが大切。

これはコントロール欲求なのか、
それとも全体の調和と生命力アップのための活動なのか。


我々は、人類は、バランスを守るのです。

この地球上で生命力が寄り豊かに繁茂していくためには、バランスが必要。

それを守ろうとするのがケアテイカーとしての人類のつとめ。

広い視野でものごとを見ることができる人類、
地球規模で、他の種の動物たちのことまで考えることができ、
遠い未来まで考えることができる種、人類。

地球規模で、長いスパンでのバランスを保とうとすることは、人類のつとめではないか、と。

                                         (つづく)




毛虫シンポジウムの計画の段階から私と一緒に考えてくださったふたこさん。

ふたこさんと私と一緒に同志として、地球の未来を考えてもらえませんか?

ぜひ、こちらの合宿へ来てください。

お待ちしております。

------------------------
●ネイティブアメリカン自然との共生の智恵ワークショップ合宿
  目覚めよ、虹の戦士たち
       A Circle of Rainbow Warriors
------------------------

 地球のよりよい未来のために、一緒に歩き出しませんか。
 
 このネイティブアメリカンワークショップは、自らの内側に静寂と調和を保
ち、自然の美しさと残酷さ、人間のたましいの崇高さと闇の深さに目をこら
し、だからこそ地球の未来を築いていける、そんな戦士・同志を育てることを
目的にしています。
 
 ネイティブアメリカンが「戦士」と言うとき、それは、「他者を否定、攻撃
し傷つける人」のこと指すのではない、と僕は理解しています。そうではな
く、自分自身の内面を深く探求し、こころの中に巣くう無知や執着、思い込み
や渇望と戦い、それらから自由になるために戦う人のことです。
 
 悪を裁いたり攻撃するのではなく、自分を犠牲にするのでもなく、美しい地
球や、好きな人たちのことを素朴に想う気持ちにシンプルに無理のない範囲で
従う、そんな戦士。
 
 ネイティブアメリカンの言い伝えではそんな「虹の戦士」が危機の時代に現
れて、世界を変えていく、といわれています。

 明るい未来を想像するのが難しい、危機の時代にある現在、大地と自分の絆
を取り戻し、自分自身のハートとしっかりつながり、私たちの中に眠る「虹の
戦士」としてのたましいを呼び覚ましませんか?
 
 そしてその道を行く人が増えたときに現れる、明るい未来のビジョンを分か
ち合える仲間とつながっていきましょう!


【やるかもしれないことのリスト(当日の流れをみながら進めます)】
 自然に溶け込む歩き方
 呼吸と心の不思議な関係
 混乱の中で心の静けさを保つワザ
 生き残りのための優先順位
 自分の直観の源とつながる
 実践!火の誕生から死までを世話する
 大地に抱かれて眠る~シェルターづくりの基礎
 足跡から全てを見抜く「トラッキング」の基礎
 人生に起こるサインの読み取り方についての基本的なスキル
 森と、自分のこころのさざ波に耳を傾ける瞑想
 地球上での人間の役割
 

■日時:2010年9月18日(土)11時集合(この日の昼食のみご持参ください)
       9月19日(日)15時解散  一泊二日ワークショップ
※19日の合宿終了後から20日(月・祝)午前11時まで、オプション合宿として
延泊して語らいを続行します。
ご希望の方はお知らせください。追加参加費8000円となります。
 詳しくはこちら
 http://tamaho.seesaa.net/article/159726888.html

■会場:「あさひ丘工房 」珠帆美汐自宅です(^^)
     住所:北海道余市郡赤井川村旭丘88
     電話:0135-34-6662
 ※自家用車利用の場合:札幌より 札樽自動車道 朝里インターチェンジ下車
   →R393で赤井川村方面、
  もしくはR5より道道余市赤井川線にて札幌-赤井川村約80分(札樽自動車道)

 ※送迎利用の場合:JR小樽駅に集合ください。往復2500円で送迎をご用意します。

◎宿泊費が下がったため、参加費が前回より割安になりました!

■参加費:30000円(1泊2日、3食の食費、宿泊費込み)
     ※早期申し込み割引
     8月16日までにお申し込みの方は27000円
     ※紹介割引
     2名以上でご参加の場合、紹介した人された人共に25000円
     (お申し込みの際、その旨お書きください)

小学生以下半額、5才以上参加可(実費にて託児もご用意できます、ご相談く
ださい)、中学生5000円引き  

■定員:10名(最小催行人数5名)

■用意するもの:アウトドアに向いた服装、雨具、防寒具、ノート、水、
カメラ、着替え、虫除けスプレー、常備薬など、
各自野外活動に必要と思われるもの。

★お申し込みはこちら
PC:http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P87169379
携帯:http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P87169379

もしメールフォームが上手く送信できない方はメールくださいませ。
 メール asahioka★@hotmail.com (★を抜いて送信してください)

メールの件名を「虹の戦士 申込み」とした上で、下記の項目
をお知らせください。
================================================
◎虹の戦士合宿に申し込みます。
お名前:
メールアドレス:
住所:
携帯電話番号:
固定電話番号:
送迎の必要の有無:
生年月日(傷害保険の加入のために必要です):
性別:
何を見て知りましたか:
================================================

■詳しくはこちら
http://tamaho.seesaa.net/article/158325579.html

     
■講師:二子渉(ふたこわたる)
HP http://www.geocities.jp/processworkwf/index.html
ブログ http://windshamanwf.blog34.fc2.com/

工学博士。カウンセラー。日本プロセスワーク協会理事。
以前は太陽光発電の研究者、現在は「この時代の地球に生まれてよかった!」と
感じながら生きるために、個人セッション、各種こころとことばのセミナー、
自然体験ワークショップ、瞑想指導などを行っている。

プロセスワークセンター(米国オレゴン州)のディプロマプログラムなどで
心理療法、グループファシリテーションのトレーニングを受ける。
昏睡状態の人の支援技術「コーマワーク」では日本屈指。

Tracker School(ニュージャージー州にある世界的なサバイバルスクール)の
プログラムや、Wild and Native(日本有数のネイティブサバイバルのスクー
ル)などでアパッチ族の古老「グランドファーザー」の教えを学ぶ。
またドン・ミゲル・ルイスやカルロス・カスタネダに代表される中米ネイティ
ブに伝わるシャーマニズム「トルテック」の伝統も学び、これら古来の知恵を
現代の生活に活かす道を模索しています。

※Tracker School
 http://www.trackerschool.com/ (英文サイト)
※Wild and Native Nature School
 http://www.wildandnative.com/(日本語サイト)


【参考図書】
 トム・ブラウン Jr.の書籍「 グランドファーザー」「ヴィジョン」「トラ
ッカー」など
 フォレスト・カーター「リトルトリー」
 アーネスト・シートン「シートン動物記」(今泉吉晴訳)
 ドン・ミゲル・ルイスの書籍「四つの約束」「パラダイス・リゲイン」など
 アーノルド・ミンデル「シャーマンズボディ」「紛争の心理学」
 ダニエル・クイン「イシュマエル」
 
【参考URL】
    以前のセミナー参加者のご感想
    http://windshamanwf.blog34.fc2.com/blog-entry-31.html
    
    ネイティブの「大地に抱かれて眠る技術」
    http://windshamanwf.blog34.fc2.com/blog-entry-4.html

   「自然の中で炎と水を手に入れる」

    http://windshamanwf.blog34.fc2.com/blog-entry-14.html

◎【オプション合宿について】

「現代文明社会の中で自然と調和して生きるとは?」
 
北海道で行われる、地球の未来を築く虹の戦士養成合宿のオプションとして
ひとりひとりが自分の道を見つけるための延泊しての
公開個人セッション付きミニ合宿が加わりました!

ネイティブアメリカン合宿参加者が、後日感じる感想として、
「普段の生活に結びつかない」「普段の生活が辛くなった」と
いった声を聞くことがあります。

せっかくいい体験をしても、日常と不適応を起こしたり、
逆に日常をなにも変えなければ、
どちらも何とももったいないですよね。

ではどうしたら、自然の中での気づきを持って帰れるのでしょうか?

このオプション合宿では、本合宿の内容を
都市の生活に生かすための落とし込み作業を
ゆったりペースで行う予定です。

現代文明の生活と、自然と調和した生き方は、
果たしてどんなふうにしたら両立可能なのでしょうか?

それを仲間と語り合いながら、一緒に考えてみませんか?

内容
・現代文明の生活と、自然と調和した生き方の実践についての
 お話と瞑想法の練習など。
・公開個人セッション(全員いるところで、ふたこがひとりの方の
 個人セッションを行い、みなで気づきをシェアします。
 誰のテーマ、何人のテーマを取り上げるかは当日の進行で決めていきます。)
・リラックスした時間をたくさんとる予定です

■日時:
 開始2010年9月19日(日)メイン合宿終了後(午後15時頃)
 終了9月20日(月・祝)午前11時

■参加費: 8000円 (一泊2食付き) 
こちらの合宿のみの参加の場合 12000円(一泊2食付き)
 希望者は温泉入浴代など実費がかかります。

■定員9名(主にメイン合宿参加者対象ですが、人数に余裕があれば合宿参加者以外も受け入れます。お問い合わせ下さい。)

■会場:メイン合宿と同じく「あさひ丘工房 」珠帆美汐自宅

■くわしくはこちら
http://tamaho.seesaa.net/article/159726888.html

テーマ : 人生を豊かに生きる
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>
■ 最新情報 ■
プロフィール

スピリチュアルコーチたまちゃん

Author:スピリチュアルコーチたまちゃん

私は元・対人恐怖症という変わり種コーチです。

精神的な不安定さや傷つきやすさ、
傷ついたインナーチャイルドなど
数々の内面の問題を抱えていても
少しずつ回復できるんだ、
自己肯定感は大人になってから育てることができるんだ、
満ち足りて幸せに、天職に就いて豊かに暮らしていけるんだ、
という生きた見本を目指して日々奮闘中。
(つづきはこちら)

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最新情報を受け取る

珠帆美汐からの
情報を受けとる
Powered by groups.yahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
クリックで救える命がある
クリックで救える命がある。
ブロとも一覧

ちあきのあったかコミュニケーション

ホリスティック美容と健康【お役立ち情報】

akiのブログ

ラッキーシープのいとうよりブログ。

ドキドキ・ワクワク プロジェクト!

心天茶香は中国茶屋。バグヌートはボーンカービング屋。

占い~現実と未来をみつめて~

758笑育児らいふ研究所
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。