スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界中で愛されている児童文学作家、リンドグレーン。その作品に挿絵を付けているヴィークランドさんが来日されてお話されるとか!!

ミクシィのAstrid Lindgrenのコミュで見つけた情報です!

あのリンドグレーン絵本展が広島県福山市の美術館で行われるとか。

そして、主なリンドグレーン著作で挿絵を描いているイロン・ヴィークランドさんが来日されてお話されるとか!!

ロッタちゃんややかまし村、そしてかの名作「ミオよわたしのミオ」などの胸きゅん挿絵を描かれてる方です。

きっともう高齢のはず・・・。

リンドグレーンさんが存命中に一目お会いする夢はかなわかったけど、挿絵画家のヴィークランドさんにはお会いすることはまだ可能なのですね・・・。

そそられますが、さすがに北海道からはちょっと行けないかな・・・。

どなたかぜひ行ってみてくださいな。



  ふくやま美術館
 (特別展) 世界中で愛される リンドグレーンの絵本

「長くつ下のピッピ」などリンドグレーンの童話を桜井誠や日本初公開を含む海外作家の原画で紹介します。

7月31日(土)~9月26日(日)
入場料:一般900円、高校生まで無料

■講演会
7月31日(土)午後1時30分~
「リンドグレーン絵本の魅力を伝える挿絵制作」・イロン・ヴィークランドさん(絵本画家)
※通訳付き
定員/100人 ※先着
料金/無料

http://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/fukuyama-museum/schedule/special/lindgren/

  ※ふくやま美術館 
  〒720-0067 広島県福山市西町二丁目4番3号 JR福山駅北口から西へ約400m
  Tel 084-932-2345 Fax 084-932-2347 開館時間…9:30~17:00 休館日…月曜(祝休日の場合翌日)


                  



今週末の17日土曜日、午後3時から、

小樽の個性的な喫茶店「キッチンぐるぐる」さんで、定例の絵本茶話会を開かせていただきます!!

テーマは「めくるめく異世界への旅」。

東京での第2回児童文学読書会と同じテーマを選んでみました。

東京で熱く語ってきたことを、小樽でも語らせてください。

イロン・ヴィークランドさんの挿絵のリンドグレーンの名作、
「ミオよわたしのミオ」も東京でご紹介させていただいたのですが、
小樽でもご紹介しようかな。

絵本ではなく、厚みのある児童書なので、読み聞かせはしませんが。

名作ですので、ご紹介させてください。

ヴィークランドさんの美しい絵と共に、ぜひ。


 ------------------------
 ●【小樽】ぐるぐる的 大人のための絵本茶話会
      絵本に見る「めくるめく異世界への旅」
 ------------------------

今回のテーマは、「めくるめく異世界への旅」(^^)


子どもの本に良く描かれる異世界への旅、「行きて還りし物語」は
どのような役割を私たちの魂に果たしているのでしょうか。

これら異世界の物語りに触れることは、
私たちにどのような効果を与えてくれるのでしょうか。

ぜひどっぷりとインナートリップをしに来てください。


 優れた絵本は

 まるで恋のように
 魂を刺激し
 揺さぶり
 震わせ
 活性化する。

 この私の持論を、
 ぜひ体験して実感してみてください。

日時:2010年7月17日(土)15:00~17:00

場所:キッチンぐるぐる(tel:0134-24-2300)
   〒047-0021 北海道小樽市入船1-6-16
  (JR南小樽駅より徒歩5分 南小樽生協斜め前)
地図はこちら http://sprtcoach.com/otarumap.html

参加費:1000円(ワンドリンク付き)

定員:先着10名

★お申し込み方法:

珠帆美汐までメールでお申し込みください。
メール asahioka★@hotmail.com (★を抜いて送信してください)

メールの件名を「ぐるぐる絵本ワーク 申し込み」
とした上で、下記の項目をお知らせください。
================================================
◎ぐるぐる絵本ワーク に申し込みます。
 お名前:
 メールアドレス:
 携帯電話番号:
 何を見て知りましたか:
お申し込みの動機:
================================================


■講師紹介:珠帆美汐(たまほみしお)
サイト http://sprtcoach.com/
セラピスト開業・独立サポートプロジェクト(略してセラサポ)代表。
セラサポHP http://serasapo.blog112.fc2.com/
私が選んだ優秀なセラピスト一覧「珠帆印特選セラピスト」
http://therapist-jp.com/
絵本について書きためたコラムはこちら
http://mishio.seesaa.net/category/1742590-1.html

兵庫県姫路市生まれ。早稲田大学 第一文学部 東洋哲学科卒。
1993年生まれと2000年生まれと2007年生まれの、年の離れた三人きょうだいの母。
◆CPCC (Certified Professional Co-Active Coach) 
米国CTI 認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ
◆図書館司書資格 ◆絵本児童文学研究センター基礎講座修了

絵本と児童文学をこよなく愛し、語らせると二時間は止まらない。
自分では「児童文学TVチャンピオンってのがあったら、きっと予選には
残れるだろう」と思ってたりする。

自宅を児童文庫として解放するのが子ども時代からの夢。
その夢に向かって、大量の優れた絵本・児童文学を自宅に収集するも、
ド田舎に住みすぎて近くに子どもがおらず、この夢は一旦保留中。



【11/30アンケート結果より抜粋】

・読まれる声のトーンが素晴らしく心に響きました。(匿名希望)

・良い絵本の選び方なども書いてるすごくわかりやすい資料が付いている
ことに感動しました(^^)
 良い絵本はおとなの心を大きく揺さぶるな、と強く感じました。
(30歳、WEBデザイナー、札幌市)

・珠帆さんの一言一言が琴線に触れました。
 こういう言葉を選ぶのか、と何度も電気が走りました。
 また次回を楽しみにしています。(43歳、札幌市)



【珠帆美汐からのメッセージ】

絵本を使ったワークショップ。

コンセプトは「絵本は恋に似ている」
「?」ですよね(笑)

優れた絵本は、大人の心をもわしづかみにし、揺り動かします。
まるで恋のように。

私はそこに注目したいのです。


良い絵本は、総合芸術作品です。

絵画であり、詩であり、物語です。

人の声にのせて読み聞かせれば、
そこに演劇の要素、朗唱の要素が加わります。

このような総合芸術である優れた作品が、
大人を深く感動させないということがあるでしょうか。


もちろん、絵本は本来子どものために存在するものです。

(「おとなのための絵本」を謳っている作品は実は嫌いだったりする^^;
かえって甘ったるいふにゃふにゃした作品が多いような気がして。)

子どものために生み出された作品は、言葉も短く平明ですよね。
ストーリーも単純で力強く、絵も明快。

また、子どもたちの遠慮のない率直な評価にさらされる。
これほど厳しい試しはないと思うのです。

それを生き延びることのできる作品は本物です。

余計なものをたくさんしょいこんでしまい、
心の殻をすっかり厚くしてしまった大人にも切り込んでいく力を持っているのは、
そんな作品こそだと思うのです。

つまり、短く平明で単純で力強く明快な作品、
子どもの嘘がないまっすぐな目に鍛えられ、選りすぐられた作品。


人間は、直線上を移動するように成長するのではない。
年輪を描くように、同心円がふくらんでいくように成長するのです。

今日の朝ご飯をおぼえていられない老人でも
子ども時代の思い出は、昨日のことのように思い出す。

どれほど年輪を重ねても、中心にあるのは幼心であり童心なのです。

常に、自分自身の核として中心に存在している原初的なもの。

そこを刺激し、揺さぶり、震わせ、活性化する。

少し心洗われ、少し童心に返り、少し心が豊かになり、少し忘れていたものを思い出す。

まるで恋に落ちた時のように。



子どもにいい絵本と巡り会う機会を提供するために、という趣旨の
おとな向け講座やセミナーはたくさんあると思うんですね。

また、「おとなのための絵本」も本屋にはたくさん並んでいる。

そうではなく、あえて子どものための作品が、おとなに対して持つ力、影響力に注目したい。

子どもために生み出された絵本の中の優れたものを、
おとなとして観賞する機会を提供したいのです。

少し心洗われ、少し童心に返り、少し心が豊かになり、少し忘れていたものを思い出す。

そんな体験ができるような場を模索中です。

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

忘れられない本を、とうとう探し出しました。『砂のゲーム――ぼくと弟のホロコースト』

忘れられない本があって。

でも題名も作者名もわからなくって。

もう一度読みたい、できれば手元に置きたい。
そのためにはタイトルだけでもわからなければ。
と思ってずっと探していました。



実話。

ナチスドイツ下のポーランドで子ども時代を過ごしたユダヤ人である作者の自伝。

お父さんを戦争に取られ、お母さんに死なれ、

幼い弟と二人だけで逃げ回り隠れまわり・・・
生き抜いた記録。


それが全然暗くないんですよ。

不思議なくらいからっとしてて・・・


その状況下で、弟と二人でどんな遊びをして過ごしたか。
どんな空想をして過ごしたか。

そこに重点を置いて書かれているんです。

「それが戦争中であれ占領下であれ、私たちにとって子ども時代でした。」

というような台詞を(うろ覚えですが)後書きに書かれていました。

「だれにとっても子ども時代の思い出は宝なのです」みたいな。


子どもってすごい。

そんな中でも喜びを見つけ楽しみを見つけ
生き延びる。

そんな本。



先程ふと思い立ってググってみました。

「ナチスドイツ時代に子ども時代を過ごした」っていう検索キーワードで。

そしたら、出てきました!!

『砂のゲーム――ぼくと弟のホロコースト』
ウーリー・オルレブ著
母袋夏生訳
岩崎書店 2000.8


作者、ウーリー・オルレブとその作品の数々についてはこちらのサイトが詳しかったです。
http://www.yamaneko.org/mgzn/plus/html/z07/index.htm#aboutauthor

人ってすごい。

命ってスゴイ。

生きるってすごい。



同じ作者の他の作品も、ご紹介したリンク先で紹介されてるのですが、
どれもこれも愛とユーモアと希望に満ちた子ども向けの本みたいなのです。

過酷な状況でひどい子ども時代を送っても、
穏やかで温かい人間性を保ち続けることはできるんだ、という
人間の可能性に打たれます。

その後の人生を、家族を持ち愛し愛されて
子ども達に夢と希望を与える仕事に従事して
生きることができるんですね。

人間って、すごい。


良かったらこちらだけでもお読み下さい。
感動します。
胸を打たれます。
http://www.yamaneko.org/mgzn/plus/html/z07/index.htm#aboutauthor


      □ ☆ □


小樽のキッチンぐるぐるで、定例の絵本茶話会を開かせていただきます!!

テーマは「めぐるいのち」。

私はどんだけ「いのち」に熱いんでしょうね。


 ------------------------
 ●【小樽】ぐるぐる的 大人のための絵本茶話会
      絵本に見る「めぐるいのち」
 ------------------------

知る人ぞ知る個性的な喫茶店、小樽の「キッチンぐるぐる」にて、

スピリチュアルコーチ珠帆美汐(たまほみしお)が

大人のための絵本茶話会を開きます!

今回のテーマは、「めぐるいのち」(^^)

以前、「絵本に見る生と死、そして老い」のテーマで
絵本茶話会を行ったことがあります。

今回、「老い」はテーマから外しました。
大きすぎるテーマを複数取り扱うと焦点がぼやけてしまうかも、と。

今回、いのちが地球上をどのようにめぐっていくのかだけに
焦点を絞ります。

より一層シンプルにまっすぐと絵本からのメッセージが届くことでしょう。


 優れた絵本は

 まるで恋のように
 魂を刺激し
 揺さぶり
 震わせ
 活性化する。

 この私の持論を、
 ぜひ体験して実感してみてください。


日時:2010年2月27日(土)15:00~17:00

場所:キッチンぐるぐる(tel:0134-24-2300)
   〒047-0021 北海道小樽市入船1-6-16
  (JR南小樽駅より徒歩5分 南小樽生協斜め前)

参加費:1000円(ワンドリンク付き)

定員:先着10名

★お申し込み方法:珠帆美汐事務局までメールでお申し込みください。
メール tamaho_mishio★@hotmail.com (★を抜いて送信してください)

メールの件名を「ぐるぐる絵本ワーク 申し込み」
とした上で、下記の項目をお知らせください。
================================================
◎ぐるぐる絵本ワーク に申し込みます。
 お名前:
 メールアドレス:
 携帯電話番号:
 何を見て知りましたか:
お申し込みの動機:
================================================

■講師紹介:珠帆美汐(たまほみしお)



    □ ☆ □


1月30日(土・夜) キノコ荘オープンパーティ
http://tamaho.seesaa.net/article/138984546.html

1月30日31日(土日) 珠帆美汐 【札幌】マルセイユタロット初心者用講座
http://tamaho.seesaa.net/article/137916866.html

残席4名様
2月6日7日(土日) 珠帆美汐 スピリチュアルコーチングセミナー「内なる声を聴く」
http://tamaho.seesaa.net/article/135622406.html

満席となりました!
 2月13日(土)TAO∞YUKA 初心者歓迎!バイオフィードバック(筋反射)セミナー
http://tamaho.seesaa.net/article/135622157.html

グループコンサル空席一つでました!個人コンサル残枠1のみ。
 3月5日(金) 谷口晋一 セラピストのための少人数グループコンサルティング&個人コンサルティング
http://tamaho.seesaa.net/article/137679373.html

 3月6日(土) 谷口晋一 セラピストのためのセルフプロデュース法&プレスリリースセミナー
http://tamaho.seesaa.net/article/137681986.html


 東京での開催です!
 2月17日18日(水・木 平日)【東京】珠帆美汐 スピリチュアルコーチングセミナー「内なる声を聴く・内側を愛で満たす」 
http://tamaho.seesaa.net/article/135906095.html

2月19日(金)【東京】珠帆美汐 児童文学読書会
http://tamaho.seesaa.net/article/138705109.html

2月21日(日) 珠帆×DAYA対談 【東京】午前「スピ業界の歩き方」、午後「自分の内側を満たしていこう!~エネルギーの充電法と守り方~」
http://tamaho.seesaa.net/article/137938640.html


 関西での開催です!

絵本ワーク残席3名様
 3月1日(月)【奈良】珠帆美汐 絵本ワーク「いのちはめぐる」&「珠帆美汐が珠帆美汐になるまで」お話会
http://tamaho.seesaa.net/article/138697243.html

残席三名様
 3月2日3日(火水・平日) 珠帆美汐 【兵庫・西宮】スピリチュアルコーチングセミナー「内なる声を聴く」
http://tamaho.seesaa.net/article/137512617.html

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル : 心と身体

今日はハロウィン。私は魔女のいる喫茶店で「情熱の恋」について語ってきます(^^)

今日は午後3時から「ぐるぐる的 大人のための絵本茶話会」[m:76]

今回のテーマは"芸術の秋、絵本に見る「燃えあがる情熱、めくるめく感動。」"です!


「ぐるぐる的」って可愛いけど意味不明ですよね[m:6]
いつもタロット対面鑑定をさせていただいている小樽の喫茶店、「キッチンぐるぐる」さんの主催だから!

場所も南小樽の「キッチンぐるぐる」二階にて。

こちらは当日ぶらり参加可なので、良かったらのぞいてみてくださいな。

初秋の小樽も素敵ですよ。

観光ポイントである運河やメルヘン交差点からほど近くて便利ですし[m:66]

・午後3時~5時まで
・参加費1000円(お飲み物付き)
詳しくはこちら
http://tamaho.seesaa.net/article/129866355.html



         □ ☆ □


小樽の喫茶店、キッチンぐるぐるのママさんは、明らかに魔女なんですよ!!

いや、見ただけで「この人魔女だ!」って確信しますよ。

手からはすごい「気」が出てますし。

癒やされる[m:64]

それに身につけてるパワーストーン類のパワフルなこと。

じゃらじゃらとすごい量身につけてるしね[m:206]

それぐらい付けてないと、身が守れないそうです[m:137]


そんな魔女と共に過ごす今日が、なぜかハロウィンの日だってのもなんか不思議。

いいハロウィンになりそうです。

というわけで、今日は小樽でサバト



         □ ☆ □



 満員御礼11月6日(金)濱田真実 ボイストレーニング個人レッスン
http://tamaho.seesaa.net/article/127009477.html

 11月7日(土)濱田真実 ボイストレーニンググループレッスン
http://tamaho.seesaa.net/article/127009477.html

11月12日(木) 愛と桃舎 個人セッション
http://tamaho.seesaa.net/article/129675230.html

11月28日29日(土日) 珠帆美汐 マルセイユ版タロット初心者講座札幌教室
http://tamaho.seesaa.net/article/129872979.html

12月4日(金) 珠帆美汐 スピリチュアルコーチングセミナー入門編
http://tamaho.seesaa.net/article/129303236.html

12月5日(土) 珠帆美汐 コーチングを教えないコーチングセミナー「内なる声を聴く。」
http://tamaho.seesaa.net/article/129303403.html

12月12日13日(土日) DAYA 自分の中の大いなる存在とつながるセミナー
http://tamaho.seesaa.net/article/129749683.html

12月12日(土・夜) DAYA 夜の瞑想会
http://tamaho.seesaa.net/article/130284872.html


[m:228]以下、詳細ページはまだですが日程は決まってます。
12月18日~20日(金土日)ふたかよリーディング個人セッション

12月19日(土・午後)ふたこわたる 自分の使命を自力でみつけるセミナー
12月19日(土・夜)ふたかよ 理想の恋人を引き寄せるディナー付きプチ講座

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル : 心と身体

私が三年前に亡くした愛犬の名前は、まさに「早太郎」でした。魂に響く絵本・児童文学 その3

 ☆長くなってしまったので、分割してお送りしてます。
  今日は「その3/完」をお届け!

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
『はやたろう』
監修・松谷みよ子、文・小沢清子、絵・太田大八、小学館
(対象年齢:読んであげるなら五歳くらいから)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


さて、ここからは絵本のお話ではなく、
私自身の本当の話です。


私が三年前に亡くした愛犬の名前は、まさに「早太郎」でした。

この民話にちなんで名付けました。

新しく我が家に来た犬の名前をなんにしようか自分に問いかけた瞬間、
ぴったりのタイミングでテレビから流れてきたのがこの民話。

問いに、天啓のように答えが与えられた瞬間でした・・・。



16年前に我が家にやってきた、霊犬にあやかって早太郎と名付けられた犬は

3年前の夏、寿命を全うして眠るように逝きました。



その後の私を訪れた変化は、

まさに私の中でずっと生け贄に捧げられ続けた柔らかで幼い子どものような存在が
息を吹き返していくような変化でした。


「自分らしく生きる」ということ、「人生を楽しむ」ということを、

ワガママだとしか思えずに押し殺そうとしていた私

(まさに娘を生け贄に差し出し続けた村のような状態でした)の元に、

たくさんのメッセージが届けられ、

たくさんの意味ある偶然の一致が起きました。


旅のお坊さんが何人も大挙して訪れてきてくれたような現象が起きました(^^)



私は人生を楽しんでもいいのかもしれない。

人の役に立たないなら生きていてはならない、と思いこみ過ぎてるかもしれない。

私はただ、そこに居てもいい存在なのかもしれない。

そう思わされるメッセージが次々に届く中で、


     「いや、とてもそうは思えない!」


私は罪悪感や恐怖や自己不信、他者不信におののきました。


そして、このテーマで何度も何度も心理セラピーを受け、

コーチングを受けました。


早太郎とヒヒが、私の中で戦ったのです。何度も、何度も。

私の中に封印されたワンダーチャイルドを賭けて、

死闘が繰り広げられました。



その結果。

ヒヒと早太郎は統合されて私の中に取り込まれ、

「何をしでかすかわからないから自由にさせるわけにいかないんだ」と

自分の奥深くに封印されてきたワンダーチャイルドが太陽の下に姿を現しました。


閉じこめられていた洞窟から解放されたのです。

今までずっと失われていた私の一側面。

その側面をやっと取り戻し、

私はよりワイルドにより力強く生き始めました。

より荒々しく、より自由に、より野放図に。



ほっておくと何をしでかすかわからなかった、

やんちゃで乱暴でしつけのしようがなかったハスキー犬、早太郎

その早太郎に投影され肩代わりしてもらっていた私のパート。



早太郎を得て、そして喪うことで、

私は自分の中のはじけるようにワイルドで型にはまらない

破天荒なワンダーチャイルドを取り戻しました。




人生のこの時期、この民話を、素で生きた感じがします。

この民話を、私は生ききりました。




欲しいものを欲しいと言っていい。

イヤなものをイヤだと言っていい。

たとえ何の役にも立たなくても、私は生きていてもいい。

私は存在する価値がある。



今、やっと私はそう思えます。

私は、私の一部を押し殺すことと引き替えに

生きていることを許されているのではなかった。


そう思いこんでいたのは私の勝手な思いこみだった。


神はそんなことを望んだりはしない。

私自身が変化とチャレンジを恐れるあまりに作り上げた

「誤った信念体系」に過ぎなかったのだ。

私は自分の人生を幸福に生きてもいい。



人は誰でも、自分の人生を、幸福に生きてもいい。

人は、自分の一部を押し殺さなくてもいい。

自分の全体性を生きようとしてもいい。

自分の中の、生け贄に捧げられようとしている一部を、全力で救いだそう。

そんなあなたを、宇宙は全力でサポートするだろう。

「旅のお坊さん」的メッセンジャーが、これでもかこれでもかと、

大挙してあなたの元を訪れるだろう(^^)



だからあなたは、本来の自由なあなた自身を、

押し殺さずに生きてください。

あなたの可能性を、「変化を恐れる心」の前に生け贄として差し出すのを、

そろそろやめてください。

それが、この民話「はやたろう」からあなたへのメッセージです。



                            (その3/完)




        .。.・:*: ☆ .:*:・:'




『はやたろう』
監修・松谷みよ子、文・小沢清子、絵・太田大八、小学館
(対象年齢:読んであげるなら五歳くらいから)


※参考文献
『昔話の深層―ユング心理学とグリム童話』 (講談社プラスアルファ文庫)
河合 隼雄 (著)

『昔話と日本人の心』 (岩波現代文庫―学術)
河合 隼雄 (著)

『ファンタジーを読む』 (講談社プラスアルファ文庫)
河合 隼雄 (著)

『子どもの本を読む』 (講談社プラスアルファ文庫)
河合 隼雄 (著)



        .。.・:*: ☆ .:*:・:'



メルマガ「魂に響く絵本・児童文学」
新規購読・解除はこちらから
http://www.mag2.com/m/0000144564.htm


      ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞



★9月4日 珠帆美汐『女性向けモテ講座 ~あなたには愛される価値がある~
「喜び」の生命エネルギーに着目した、魅惑のコミュニケーション講座』
 女性は喜びにあふれていましょう。
 そうすれば、恋も家庭も仕事もすべてうまくいきます。
 http://tamaho.seesaa.net/article/121748867.html


★9月5日 あづまやすし+珠帆美汐『セラピストのための集客講座』
 スピリチュアルコーチを名乗り占い師でもある超右脳派珠帆美汐と、
 東大出の工学博士でもある超論理的左脳派であるあづまやすしの
 コラボセミナーとなりました。
 http://www.556health.com/archives/2009/07/090905b.html


◆9月6日 珠帆美汐「セラピスト開業・独立サポート講座」(略してセラサポ)
 http://serasapo.blog112.fc2.com/
 セラピストとして自立するために。
 メンタル面の強化と実践的経営能力 を同時に学ぶ画期的なプロジェクト。
 2009年度第三期セラサポ講座9月6日開講予定。
 残席4名

★9月8日(火・平日)西谷真美「抱っこセラピーグループセッション」
in赤井川村珠帆邸
 http://tamaho.seesaa.net/article/125205051.html

★9月15日16日(火・水 平日)青葉航「ソースワークショップ」
in赤井川村 珠帆邸
 http://tamaho.seesaa.net/article/125238552.html

満席9月18日19日(金・土)ふたかよリーディング個人セッション
 http://tamaho.seesaa.net/article/125246708.html

★9月20日~22日(日月火水)ふたこわたる
 内なる静寂=世界の調和  ネイティブアメリカン シャーマニズム入門編
 http://tamaho.seesaa.net/article/125181382.html

残席二名9月25日~(全七回講座)珠帆美汐【小樽】タロット占い初心者用講座
 http://tamaho.seesaa.net/article/117192009.html

★10月2日(金)福本いずみ チャクラエネルギーで読み解く古事記
 http://tamaho.seesaa.net/article/126174492.html

★10月3日(土)福本いずみ 豊かさとお金の器を大きくするセミナー
 http://tamaho.seesaa.net/article/126173992.html

テーマ : オススメ☆絵本&児童書
ジャンル : 育児

そしてとうとう"はやたろう"が見いだされる。魂に響く絵本・児童文学「はやたろう」その2

   ※前回の日記の続きです。


そしてそのうち、とうとう"はやたろう"が見いだされる。

あなたはあなたの内なる可能性を救い出してくれる力強い何かを見いだすのだ。


あなたが見つけ出したあなたの守り手は、誰か特定の人物ではないだろうし、
知識とか理論のような理性的なものではないだろう。

それは、もっとワイルドで荒々しい"エネルギー"であり"パワー"のはずだ。

"はやたろう"が人ではなく犬だったように。




        .。.・:*: ☆ .:*:・:'




  「私は私の人生を生きたいんだ!」というあなたのお腹の底からの決意。

   なにくそ!という底力。

  「誰がこのままで終わるもんか」という静かな怒り。




        .。.・:*: ☆ .:*:・:'




霊犬"はやたろう"もまた、あなたの人格の一側面なのだ。

獣のように力強く原初的なエネルギーを、あなたもまた自分の内側に
持っていたのだ。

「私は私の人生を生きる!この夢は絶対にあきらめない!」

あなたは自分の中の変化を恐れる心と真っ向から向き合い、
怖さに震えながらも何かの決意を実行に移す。

本気で好きになった人に体当たりの告白をするのかもしれないし、

「これだ!」と思った資格スクールに申込書を提出し安くない入学金を
振り込むのかもしれない。

親からの余計な口出しにはっきりと「NO!」を突きつけるのかもしれないし、

腐れ縁の恋人ときっぱりと別れるのかもしれない。

以前なら無理だとあきらめたような大きな目標に向けて、
500円玉貯金を始めるのかもしれない。




        .。.・:*: ☆ .:*:・:'




"ヒヒ"は自分の外側にいる邪魔な存在ではなく、

"はやたろう"もまた
自分以外のより高次の存在が助けに駆け付けてくれたのではなかった。

両方、自分の一側面だったのだ。

変化や新しいものが伴うリスクから自分を守る保守的なパートと

あえて怖いものに勇気を持って立ち向かう革新的なパート。

両方、自分の中に備わっている大切な自分の一部だった。

より良い人生を送るために、

より幸福になるために、備わっている重要なあなたの魂の一部なのだ。




        .。.・:*: ☆ .:*:・:'




はやたろう的な革新的人格が、

「大丈夫、やり抜くから。

ちょっとくらいの危険には立ち向かう勇気があるから。

本気だから。信じて。そして、助けて。」

とヒヒ的な保守的な人格にまっすぐに宣言できたとき、
はやたろうとヒヒは統合され、"娘"という可能性を孕む存在へと昇華される。

錬金術で言う、「王と王妃の結婚」だ。

対立物として拮抗していた存在は統合され、新しい可能性へと姿を変える。

変化が引き起こされ、輝かしい未来が幕を開け、未知なる地平が姿を現す。



                        (つづく)




        .。.・:*: ☆ .:*:・:'




『はやたろう』
監修・松谷みよ子、文・小沢清子、絵・太田大八、小学館
(対象年齢:読んであげるなら五歳くらいから)


※参考文献
『昔話の深層―ユング心理学とグリム童話』 (講談社プラスアルファ文庫)
河合 隼雄 (著)

『昔話と日本人の心』 (岩波現代文庫―学術)
河合 隼雄 (著)

『ファンタジーを読む』 (講談社プラスアルファ文庫)
河合 隼雄 (著)

『子どもの本を読む』 (講談社プラスアルファ文庫)
河合 隼雄 (著)



        .。.・:*: ☆ .:*:・:'



メルマガ「魂に響く絵本・児童文学」
新規購読・解除はこちらから
http://www.mag2.com/m/0000144564.htm


      ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞



いつも、ユング心理学やプロセスワークの考え方を参考にして
絵本や児童文学を読み解いてます。

そのプロセスワークのセラピスト、ふたこわたるさんをお招きして、
ネイティブアメリカンのシャーマニズムに触れてみる
屋外ワークショップを9月の連休に予定しています。

自然と共生する智恵を体験するワークショップを既に四回開いて
毎回大好評を得てきましたが、

今回はシャーマニズム入門ですよ、シャーマニズム入門!!

めっちゃワクワクです~

ふたこさんも、児童文学に造詣が深いんですよ~。


※今回はソフト断食合宿を兼ねます!
ソフト断食に興味のある方もいらしてくださいませ。

そしてまた、シェフはあの「うみやみ」さんです!!

 ---------------------
 ●内なる静寂=世界の調和
  ネイティブアメリカン シャーマニズム入門編   
 ---------------------

 このワークショップではネイティブアメリカンの知恵と技術、
 それを西洋の心理学から捉えたプロセス指向心理学などをベースに
 内なる自然を回復し、人々と、地球と、
 調和して生きるための道を学びます。
 
とくに今回はシャーマンのトレーニングに繋がる
精神的な技術について集中的に深めていく予定です。

【内容】
 森で道に迷わない方法「森を味方につける」
 サンクスギビング~「いただきます」にこめられた願い
 2チームに分かれて暗闇のアウェアネス対決「忍び寄り合戦」
 トラッキング1~最古の言語「足跡」の読み取り方
 トラッキング2~自分の心の動きをトラッキングする
 心の中に巣くう「パラサイト」を駆除する
 分かち合いの空間の作り方~長老の知恵
 自分を見つめ、肯定する ~その本当の意味
 スピリットの世界に参入するカギ「聖なる静寂」
 幽体離脱?森の様子を遠くから感じ取る
 など

■日時:2009年9月20日(日)11時集合
       9月22日(火)15時解散 二泊三日ワークショップ

■会場:「森のテラス 」北海道余市郡赤井川村字日ノ出193-1 TEL:0135-34-7227
     サイトhttp://www.eco-vlg.com/
     地図http://eco-vlg.com/access.html

 ※小樽駅から送迎あり(有料)。小樽駅に10時集合です。

■参加費:48000円
     ※ペア割り、子ども料金などあります。

■申込期限:9月14日(月)まで

■詳しくはこちら↓
http://tamaho.seesaa.net/article/125181382.html

■講師:二子渉(ふたこわたる)
HP http://www.geocities.jp/processworkwf/index.html
ブログ http://windshamanwf.blog34.fc2.com/
工学博士。日本プロセスワーク協会理事。
Tracker Schooや、Wild and Native(日本有数のネイティブサバイバルのス
クール)などでアパッチ族の古老「グランドファーザー」の教えを学ぶ。
またドン・ミゲル・ルイスやカルロス・カスタネダに代表される中米ネイティ
ブに伝わるシャーマニズム「トルテック」の伝統も学び、これら古来の知恵を
現代の生活に活かす道を模索している。

【参考URL】
    以前のセミナー参加者のご感想
    http://windshamanwf.blog34.fc2.com/blog-entry-31.html

   「ネイティブ・アメリカンのスピリチュアルな技術 「聖なる静寂」」
    http://windshamanwf.blog34.fc2.com/blog-entry-122.html

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル : 心と身体

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>
■ 最新情報 ■
プロフィール

スピリチュアルコーチたまちゃん

Author:スピリチュアルコーチたまちゃん

私は元・対人恐怖症という変わり種コーチです。

精神的な不安定さや傷つきやすさ、
傷ついたインナーチャイルドなど
数々の内面の問題を抱えていても
少しずつ回復できるんだ、
自己肯定感は大人になってから育てることができるんだ、
満ち足りて幸せに、天職に就いて豊かに暮らしていけるんだ、
という生きた見本を目指して日々奮闘中。
(つづきはこちら)

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最新情報を受け取る

珠帆美汐からの
情報を受けとる
Powered by groups.yahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
クリックで救える命がある
クリックで救える命がある。
ブロとも一覧

ちあきのあったかコミュニケーション

ホリスティック美容と健康【お役立ち情報】

akiのブログ

ラッキーシープのいとうよりブログ。

ドキドキ・ワクワク プロジェクト!

心天茶香は中国茶屋。バグヌートはボーンカービング屋。

占い~現実と未来をみつめて~

758笑育児らいふ研究所
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。